ちょこチップス

お気楽CHOKKOさんののほほんな毎日

京アニ放火殺人に寄せて

畿内も梅雨明けと同時に連日の猛暑ですが、

如何お過ごしでしょうか?どもCHOKKOです。

■令和が明けて早二ヶ月

元号に沸いた五月から早、二月…でも

五月の大津の児童死亡事故事件からこのかた、

連続する高齢者ドライバの死傷事故や悪化する

日韓関係等々、なんだか悲しい事件ばかりが

目につきますね。

麗しい調和を、と願った令和だったのに…

う~ん…昭和と云い、平成と云い、

元号と云うものは、文字に込めた願いどうりには

ならぬ宿命なのでしょうか。

天皇陛下には、改めて全国を行幸あそばして頂いて

土地神様をなだめて頂きたいものです。

■さてもいわずもがなでは有りまするが

わけても憤り、そして深い悲しみを禁じ得ないのは

京アニ放火殺人事件

明日で二週間となりますが、ホントに悲しくやりきれません。

あたしは京アニの作品と云えば

けいおん』『たまこまーけっと』位しか知りませんが

…あ、あと地元が良く出てきてた『中二病でも恋がしたい』は

少し見たかな~

らきすたとかハルヒとか、上記以外の作品は見ていないので

大きい事は云えませんが、

嫌な駆け引きや人間関係が排された、きらきらした作品世界が好きでした。

そんな暴力や、妬み嫉みから一番乖離した作品を生み出すスタジオが

何故、こんな惨劇に合わなければならないのか…

理不尽としか言いようがない…やるせなく辛いの一言です

■集まる支援の心

そんな京アニの甚大な被害に対し、支援金が10億を超えたそうです

また、国内にとどまらず、海外諸国からも続々支援が寄せられている

そうで、勿論、そのことはとてもいいこと、喜ばしいことでは

あると、あるとは思うんですが

しかし、その貴重な支援金、義捐金をもって、会社設備、

被害を受けられた方々の再建や保証、治療にあてられるのは

とても喜ばしい事とは思いながら…でも

でも、35名の方々のお命はもはや帰ってこない…

京アニの社長さんが仰られていたとうり

『機材も、人も、絵を描くノウハウも、あったものは全てなくなった』

事は覆らない事実で…

亡くなった方々の培ってこられた技術や、なにより

そのひと は、もう取り返しようがない…

それを思うと思いは複雑です

■青葉何某とかいう犯人

こやつ、自身も瀕死の重傷で、取り調べは何一つ出来ていない

そうですが、一体なにがしたかったのか

そもそも、自身の命と引き換えに凶行に及んだのか、それとも

意図せず負傷したのか…

『小説を盗まれたパクられた』とほざいてる小説は最近の調査で

応募されていた形跡(現時点では同姓ながら本人特定はならず)は

あるものの、作品との類似性、盗用性も確認に至らないとの事

…よしんば、盗用されたとしても、いきなりこんな凶行には走らん

でしょう普通。

SNSで悪口言うとか、事実なら控訴するとか…

ほかにもやり方あるだろ。

精神疾患をかかえていて、前科(コンビニ強盗で実刑)もの、

近隣の住人ともたびたびトラぶっている…たしかに

普通じゃないのかもしれないけど

それは精神疾患患者云々とは無関係 

こういう輩がおるから、やはり精神疾患は、とか

通院歴が…と、云われる。

不詳あたくしも、ウツで通院歴が有る身としては、非常に

迷惑千万

ましてや、それを理由に『責任能力を問えない』たら

云う判決に終わる なんてことが、あってはならんでしょう。

ま、此のたびの如く綿密に、用意周到な犯行では

それはありえない…と願っておりますが。

■とにかく

この犯人には、取り調べに応じられるまでは、なにがなんでも

生存願いたい。やった行為は万死に値するけれど

このまま、容疑者死亡で犯行の理由は解明できず

で終わって欲しくない。

この事件の少し前、

バスを待っていた園児や男性を殺傷した犯人のように。

勿論、意識を取り戻したとて、供述するとは限らんし

供述したとて、その信ぴょう性も担保できないし

その供述も理解しがたいものかも知れないが

それでも、負傷された方々、亡くなった方々には

どうしてこんな目にあわされたのか、知る権利がある

…とあたしは思います。

だから、絶対死ぬなよ?犯人某 

■上手く書けませんでしたが

あまりに憤り過ぎて、言葉が、筆がもつれて

思いだけが先走って取り留めのないものになってしましました

すみません…

なんで、なんで京アニが…

(他のスタジオならいいと云う意味ではありませんよ)

とそれしか思えなくて…。

おこがましいですが、同じ『絵を描くことが好きなモノ』

多少ですが『絵を描くことを生業とするモノ』

として、こんな理不尽な、憤りの持って行き場所が分からない

事件が起こるなんてホントに遣る瀬無いです。

これから、けいおん 観る時、たまこまーけっと観る時

エンドロールやスタッフロール観る時、

この中で、無事でおられる方は何人なんだろうか、またその逆は

と悲しく見てしまいそうです…。

傷ついた方々には傷をしっかりと癒して頂き、そして心の平安を。

京アニには、また素敵な作品をあたしらに見せて頂きたい。

被害は甚大で、悲しみは深く尽きること無いですが

つまらん一塊の老いたアニメファンとして

京都アニメーションの復活と再生を願ってやみません

そして、なにより

犠牲になられた方の御冥福をお祈り申し上げます。

 

 

お出かけ三連発-その3

樫原神宮、薬師寺から帰ってきて、地元の氏神様の

お祭りを挟んでの5月4日、折しも良いお天気だったので

サイクリングがてら、琵琶湖博物館

f:id:CHOKKO:20190707141440j:plain

…の途中、近江大橋たもとの入り江に、鳥さん発見

たまに、膳所公園とか、湖畔にたたずんではる鳥さん

…鷺…かな?

はてさて、何考えてるのかな?

『腹減ったけど、そろそろ釣り人が魚釣ってくれへんやろか』

f:id:CHOKKO:20190707141506j:plain

さて、自宅エリアから橋渡って、湖周道を走る事40分位

県立琵琶湖博物館へ到着。

f:id:CHOKKO:20190707141537j:plain

よく遊びに来る、琵琶博ですが、

今日は昨年夏に出来た『樹冠トレイル』という

木の上の遊歩道がお目当て

f:id:CHOKKO:20190707141556j:plain

樹冠トレイル というのは、博物館の屋外展示エリア

縄文・弥生の森の樹上に巡らされた、空中回廊

もちろん、屋外なので雨天時は散策に適さんので、

この日のような、良いお天気が巡ってくるかは運次第

…というか、青空の元散策するには、お天気を逃せないのです。

トレイルの回廊は画像のように樹木のてっぺんあたりを、木々を

に、巡っていて、ちいさな段差も有ったりバリアフリー的には

少しごめんなさいな場所も有りますが、森や林の

地上の散策にはない、鳥の目目線、虫目線的散策が

味わえるところが、魅力。

f:id:CHOKKO:20190707141616j:plain

地面からトレイルのアプローチを仰ぎ見る。

博物館に展示されている、丸子船を3Dスキャンして

コンクリで再現したそうな。

だから、舟板とかも再現されてます。

f:id:CHOKKO:20190707141640j:plain

天を行く船…て感じでなかなか良いではないですか。

青空が映えますね~。

ちょっと画像は用意してませんが、

京阪石坂線びわ浜大津駅の空中回廊なんかも、

琵琶湖を行く船をイメージしてデザインされていて

琵琶湖畔の施設と云う感じが良く表わされてますよね。

f:id:CHOKKO:20190707141834j:plain

樹冠トレイルの足元は、屋外展示エリア縄文・弥生の森が

広がっています。画像は太古の切り株。

f:id:CHOKKO:20190707141847j:plain

トレイルに戻って来ました。

遊歩道の手すりは分かりますかね、ところどころ、樹木に関する

動植物のオブジェがあります。

最初の丸子船形エントリーの舳先にもよく見ると、萱ネズミ(だっかか)

がいるんですよ。

f:id:CHOKKO:20190707141909j:plain

トレイルは樹上なので、こう云う木の上に咲く花とかも

観察できます。この日は初夏だったので、緑が青々としてますし

秋は秋で、きっとまた別の顔を見せてくれると思います。

 

■旅のお土産

さて、あたしは、どこかへお出かけしても、大抵一人ぼっち

と云うのも有りますが、朝家出てから、一日大体飲まず食わず。

もちろん、自分にも家族にもお土産などは買わないのが通例ですが、

今回はまぁ、こんな長期休暇はもう無いだろうし、ここはひとつ

に…とお土産を買いましたよ。

■おみや其の一

f:id:CHOKKO:20190707141924j:plain

樫原神宮で頂いた、お箸

今、使っているお箸がボロボロなんですよね~

でも、まだ使っていないです。

樫原神宮は神武天皇を導いた、ヤタガラス関わりが深く

お守りや、グッズもまぁまぁ有ったんですが

どーもいまいちピンとくるモノが無かったので(失礼)

迷った挙句、実用的なお箸に落ち着きました。

■おみや其の二

f:id:CHOKKO:20190707141941j:plain

埴輪まんじゅう

樫原神宮前駅前(…ややこいな)で購入、カステラ地(どら焼き地)であんこの

た、所謂人形焼き系のお菓子

味は…食べた家人によると美味しかったらしいです。

実はあたしは食べてないんですよね。

武人、馬、壺の埴輪がモチーフになってて、

お馬が可愛かったな。

店頭の見本はもっと色が埴輪っぽかったのに、実物は

こんがり焦げ茶色でした。

■おみや其の三

f:id:CHOKKO:20190707142000j:plain

琵琶湖オオナマズキーホルダー

実は、あたし旅先でよく、記念メダル買うんですよ

ほら、自販機みたいなので売ってて、横に

刻印機みたいのが有って日付や名前を

ガチャンガチャン刻印できる、観光記念メダル?

でも最近は観光地なんかでも余りメダル見かけなくなったんで

代わりに最近ではキーホルダーを買います。

で、これは琵琶博で購入

他にも色々琵琶博オリジナルお土産、Tシャツやタオル、

ぬいぐるみとか有って、琵琶湖オオナマズキーホルダも

色々あったんですが、やっぱこれが落ち着くかと購入。

今通勤用のデイバックに付けてます。

 

■長いお休み

長いお休みもなかなか良いですね、

泊りがけで旅行とか行ければ尚良かったんですが

折角長期休暇が有っても、あたしのような行動力が皆無な奴は

旅行行きたい行きたいと嘆くばかりで、結局行けず仕舞い。

漫画なんか描いてたら、尚更ダメですね。

それでも、日帰りとはいえ、三か所も訪ねられたんですから

この、令和の幕開けのお祝い連休も、悪くなかったかな。

世間では賛否両論、色々云われてましたが

皆様は、この長い大型連休、どう過ごされましたか?

 

お出かけ三連発-その2

さて、樫原神宮に参拝させて頂いた後、帰りの近鉄

西の京 で途中下車。今度はお寺へ参拝に行きました。

薬師寺

薬師寺 新薬師寺もありますが、薬師寺に行きます。

白鳳伽藍が見たかったんです。

f:id:CHOKKO:20190706185042j:plain

薬師寺さんは近鉄西ノ京駅下車、ほんとにすぐ、

もう駅前です。

が、どーもあたしは裏から入ったみたい。

f:id:CHOKKO:20190706185111j:plain

中をぐるっと回って金堂へ

裳階(もこし)を付けた姿が、白鳳様式らしくて、美しい

ですよね。平城宮址にある、復元された大極殿はこれを参考に

したのだとか、なるほど似てますよね。

中には薬師三尊像等が拝見できます

美しく優美な仏様でした。

f:id:CHOKKO:20190706185137j:plain

薬師寺と云えば西塔、東塔の二つの塔

これは西塔。

f:id:CHOKKO:20190706185212j:plain

大講堂。屋根の鴟尾がいいですね、鯱鉾ではないですよ

鴟尾です、東大寺の大仏殿の上のもそう。

中では、弥勒三尊像をはじめ、仏足石等見せて頂けます。

f:id:CHOKKO:20190706185253j:plain

さて、白鳳伽藍ですが、あたし今の今まで

ずっと天平伽藍 だと間違って覚えてました。

白鳳は飛鳥時代天平の中間なので、東大寺大仏殿とか

天平の寺院より古い寺院様式でしたね。

f:id:CHOKKO:20190706185331j:plain

裳階があるんで五重塔のように見えますが、薬師寺の塔は

実は三重塔。

しかし、あたし毎回薬師寺の塔見るたびに、なんか

扶桑級戦艦(扶桑とか山城)の独特のアンバランスな

艦橋を思い出してたんですが

こうして見ると、扶桑のように、あんないびつな形では

有りませんでしたね。すんません。綺麗です。

この独特の優美な形から“凍れる音楽”と

賞されているのだそうです。

平安期の東寺五重塔八坂の塔のように洗練されていませんが

一生懸命外来文化を取り入れようとしていた

先人たちの努力が見えますね。

 

f:id:CHOKKO:20190706185353j:plain

さて、今回失念していたのは、二つの塔のうち、東塔(白鳳時代)は

修復作業中で、画像ではトリミングで見えてませんが、

画面右側に工事用覆い屋に入って立ってるんですよね

しまった~二つ並んでるとこ見たかったんですが…

写真の西塔は復興建築物なんで、やっぱオリジナルが見たかったなぁ。

また、機会が有れば行きたいです。

 

さて、お出かけ三連発、今日はここまで

最後のその3は、また明日!

お出かけ三連発-その1

こんちわCHOKKOであります

とうとう七月、もう一年も半分終わっちゃって

びっくりですが

ここで、令和最初の長い連休にお出かけした思い出を

今のうちに振り返っとこうかな…と思います。

■9連休!

四月末から改元を挟んで、の所謂ゴールデンウィーク

初の9連休!あたしもホントはもう少し短かったんですが

身内の葬儀等で、結果九連休頂けることに…なったのに

創作が遅れに遅れて、ゆっくりする筈だった連休を消費する羽目に。

でも、それだけでは余りにも寂しい(悔しい)ので

日帰り旅行に無理矢理行くことにしたのであります。

■そうだ!奈良行こう

御存じのように?あたしは大の奈良好き

なので、やっぱ奈良かと思ったんではありますが、

奈良公園とかはよく行くので、そこへ行くときに乗る

近鉄が行きつくところ『樫原神宮』(駅は樫原神宮前)

いって見ることにしました。

■いざ、樫原神宮へ

樫原神宮ってのは、なんでも初代天皇とされる

神武天皇ゆかりのお宮様だそうで、

かつての樫原の宮の有ったところに、近代になって

造営された神社。日本の始まりの地なのだそうで

まぁ新しい令和になったことだし、いいかなと。

伊勢神宮にも行きたかったんですがね)

f:id:CHOKKO:20190706181503j:plain

樫原神宮前の駅前にこーんなEVレンタカーがありました。

可愛いなぁ、乗ってみたかったです。

f:id:CHOKKO:20190706181540j:plain

さて、駅前から参道を歩いてすぐの樫原神宮へ

立派な門ですねぇ。

f:id:CHOKKO:20190706181621j:plain

成程、令和元年は皇紀2679年ですか

かつて、…にせ~んろっぴゃくねん~と、皇紀2600年を祝う歌が

有りましたよね、ちなみに有名な零戦A6M1は

2600年制式採用なので零戦

f:id:CHOKKO:20190706181638j:plain

立派な拝殿

f:id:CHOKKO:20190706181659j:plain

これは拝殿の向こうの御本殿

京都御所のかしこどころを移築したのだそう。

あたしも、令和が穏やかな時代になるようお参りさせて

頂きました。記念記帳もしたっけ。

f:id:CHOKKO:20190706181741j:plain

実に広々とした境内 この時、五月なのにもうセミが鳴いていたんで

異常気象かね~と

友人に話したところ、それは『春ゼミ』と云う奴らしく

極、普通のことなのだそう。へ~

■樫原神宮

…という名前は、学生時代から前の仕事まで、近鉄によく乗ってたので

耳についていて、どんなとこなんだろうと、ずっと思っていたんですが

なるほど、こういうところなんですね~

確かに『さっぱり』した神社空間ではありましたが、神気となると

あたしは、あまり感じなかったかなぁ

近江神宮もそうですが、御祭神が天皇なので

ちょっと神社ファンとしては消化不良気味かも…

でも晴れやかないいところでした。いけてよかったです。

お天道様が見てる…

あたしの住む近畿地方も、やっとこ梅雨入りしたんですが

早、今日は6月30日

今日は「夏越の大祓」ですね、うちの氏神様ではやっていませんが

京都の名うての神社様がたでは、『茅野輪くぐり』を開催して

らっしゃるところが多いと思います。

あ~、えっと夏越の大祓 とはですね、今日六月三十日に

行われる神事で、大晦日の大祓までの無病息災と、厄除けを

祈願する(詳しくは調べよう)神事で

茅野輪くぐりというのは、神社〈お寺でもたまに)の鳥居や拝殿の

前などに大きな「茅の輪」を設けて、そこをくぐる事で、身の汚れを

払い落して頂く…というもの

ちなみに、うちでは茅の輪は出ませんが、お馴染み「人形(ひとがた)」を

古式にのっとってお納めします。

さて、ニュースで小耳にはさんだんですが、北野天満宮では

年前から、その茅の輪をもぎ取って持って帰っちゃう参拝客が

後を絶たなくて、大変苦慮されている との事。

人によっては、茅の輪から藁とか萱を引き抜いたその手で

小さな茅の輪を作ってお守りにする人もいるのだとか…

えーと、…茅の輪というのは、くぐった人の穢れを移す、云わば

浄化システムのフィルターのようなもの、それを持って帰る

というのは、他人様の穢れを引き受ける…と云うことなんですが?

天満宮も「やめてください」と云ってます。

(茅の輪守りはお守りとして別に頂けるのでそれをお求めください)

だいいち、みんなむしるもんで、竹の骨むきだしになる有り様だそうで

ちょっとねー、自分以外の人の事も考えましょうよ。

■お天道様が見てる

子供の頃、年寄りによく云われましたよね?

そんなことしてると、お天道様が見てるよ

…でも見てるのは本当は、自分の「良心」

どーも最近、日本人のこの「良心」が揺らいでる気がします。

先月、令和になった記念の御朱印を求めて、明治神宮などで

長蛇の列に!まぁ令和記念だし、御朱印集めは最近ブームですもんね

さもありなん…と思いきや、

それをネットで『転売』する事例が続発したそうで…

しまいに、ばち当たるぞ!

それと、私の周りでも、五輪チケットや記念品を集める…というので

聞いてみると、最初からネットで転売ありき な奴がいたり。

確かに法律上、転売を規制する法令はないですが、

本当に欲しい人が、転売目的の人が大量に購入や

並ぶことによって、手に入らないという事態になると考えると

やはり、良心の呵責ってぇもんはねえのかと思ってしまいます。

また、これに関しては、売る方も悪いけど、それを高額でも

買おとする輩もわるいスはなぁ。助長してるもん。

それと、以前から云ってますが、最近ホントに

道端でもの食べながら歩く人を多く見かけるようになりました。

ふつーの歩道を、スーパーで買った弁当や、おにぎりを食べながら

歩いてたりするの、よく見かけますが…

「みっともない」とか『恥ずかしい』って考えは

そこには無いのか…無いんでしょうね。

ファストフードの買い食いさえはばかられる時代に生まれた

あたしみたいなお年寄りには、やっぱ

『お天道様が見てるよ』と思えますがね。

(お里が知れるともいう)

■もののついでに

最近、CMとか見ていて気になることがあるんですが、

麻婆豆腐っていつからご飯にかけて食べるものになったんです?

麻婆豆腐に限らず、最近白ご飯の上におかずを乗っけて食べる

そんなシーンをよく見るようになった気がするんですが

うちの子供らも、よくご飯の上になんでも乗せて食べるんで

毎回見るたびにぞっとしてるんですが

…あたしだけかなぁ?

自宅でだけならいいんですが、お呼ばれとか、ちゃんとした席とか

そんなところでは、たのむしせんといてや、と祈ってるんですが

ホント、お天道様が見てるですよ。

 

まぁそんな些細な事に限らず、

最近の社会の不祥事や、事件など見てると

やはり、モラルや、常識の欠如と云った

『良心』の劣化に起因する問題が多いと思います

社会の発展のため、効率化をうたいあげるのもいいでしょう

古き良き伝統風習を、時代遅れの悪しきものと断ずるのも結構ですが

やはり、お天道様は見てござると思いますよ

あたしも偉そうな事は云えませんが、

大きなことから小さな事まで、良心に恥じぬような生き方を

貫いていければと思う、水無月の末日でした

 

関西コミティア55ご来店有難うございました

改元に沸いた五月も、あっという間に終わりまして

早六月となりました。

九州は梅雨入りだそうで、そろそろ近畿も梅雨の季節ですね。

五月には史上初の10連休も有りましたが、皆様どこか行かれましたか?

あたしは、樫原神宮と薬師寺そして、地元の琵琶湖博物館

行ったんですが、それについてはまた、後日。

 

コミティア55ご来場有難うございました

去る、5月26日に開催された「関西コミティア55」

暑い中当、ペンギン工房ブースにも沢山ご来場頂き

有難うございました。

当日、C72で参加する事は早くから分かっていたんですが、

後述する新作の執筆にぎりぎりまで掛かっていたもので

告知をする余裕がなくて、申し訳ありませんでした。

後、新刊の行方が不透明だったのもありますが…

そんな訳で

告知もしていないし、新刊についても言及してなかったんで

お客様来て下さるかなぁ…と正直心配だったんですが

開場当初より結構足を運んで頂き

ホントに嬉しかったです。

 

■なんとか完成「WitchMaid」

さて、もう、結構長い間掛かりっぱなしでした新作

WitchMaid

当初の予定より随分違う形では有りますが、

形にすることが出来て、ホントよかったです。

いや~難産でした。

あたしは、普段作品づくりにそんな苦労しないんですが

この作品は珍しくネーム(コンテ)に悩み、

作画に悩み、製作に邪魔が入りして、随分手間取りました。

 

■CHOKKO初、前篇後編

そんな中、どんどんスケジュールは押してきて、

予定していた、オフセットを諦め、更に1本読み切りの信条を

遺憾ながら放棄して、前後編とし

更に、いつも使ってるコピーセンターの時間にも間に合わず

泣く泣く、そこいらのスーパーのコピー機で刷るというはめに

なってしまいました。

いや、ホント何遍、『もう落とそう』と思ったことか…

でも令和一発目から落とすのも忍びなくて、

毎日へろへろに成りながら作成して、

全体の半分ではありますが、なんとか作ることが出来ました

よかったです。

こんなねばったのは「チェルシー改造大作戦」以来だなぁ…。

 

■WitchMaid

そんなこんなで、なんとか完成したWitchMaid

結構なハイペースでお買い上げ頂けまして、正直びっくりしてます。

有難うございました。

どーにも、コピーの出来が悪くて申し訳ない。

本来は34頁モノで、ペン入れまで全部終わってはいたんですが、

いかんせん、仕上げが追いつかず、結局

今回の、アバンからAパートまでを前篇として出す方式にしました。

とはいえ、実はもともとは今回の部分(Aパート)で完結の予定だったので

話の落ちは付いてると思うんですが、如何でしょう

問題は、キャラクタの変化

NT-1から数年後の設定なので、登場人物が皆成長してしまってて

特にオーパルが…育ちましたね~(笑)

以前のオーパルをイメージしていらっしゃる方には

不評なんじゃないかなと不安ではありますが…。

 

■後編はメイド色を強く…

さて、前編ではオーパルに何にもメイドらしいところ

がなかったんですが後編では、一応メイドらしい感じには

なってると思ってます、でも、所謂メイド喫茶のメイド嬢では

ないかも知れません、本来の意味のお手伝いさん、女中さん…だと

思って頂けるとありがたいです。

アヴィとか職業魔女は、裕福な家庭にメイドや子守り、や家庭教師

(メリーポピンズとかそうですね)として就職するんですが

そんな雰囲気、もし自分のお家に魔女のお手伝いさんがいたら…という

イメージで描いてます。

あらすじ的には、ティムのバースディパーティの話なんですが

…ちょっと纏まりに一抹の不安が…

とりあえず御期待下さいませ。

 

■アシスタント欲しい

しかしね~あたし、アナログ作業なもので

ホント、作業が大変になって来ました

特にトーン貼りが、もう大変で…前編でも毎日トーン屑まみれ

マジでアシスタント欲しいです。

息子っち二人に打診し続けていたんですが~ご協力頂けない…

 

■ゆっくりもしていられない

後編は仕上げを残すだけではありますが、かと云ってゆっくりもしていられない。

次にはNT-2もアヴィの最終話もあるし、

以前書きましたように、一寸、悠長に漫画な描いていられなくも

成ってきていて、早急な作成が求められています。

もう、なんか、自分の考える予定に+2週間は見とかないと

進まない感じです。

 

■出来る間に出来るだけ

作品をどんどん描く、残す。そんな感じでやって行きます

ペンギン工房も、あたしも、昭和-平成-令和と歩んできました。

この長い時間を無駄にすること無く

令和の新時代も、少しでも皆さんに喜んで頂ける作品を

残していけるよう頑張りますので

どうかよろしくお願いいたします。

改元に寄せて

新緑が目に鮮やかな季節になって来ました。

山や木々の葉が輝くように若葉を芽吹かせていて、

ホントに眩しいですね。

■いよいよ平成の終焉

さて、30有余年続いた平成の世も、残すところ後1日余り、

皆さんの歩んだ平成は、如何な時代でしたか?

平成天皇が仰っていたように、

「戦争のないまま、終えることが出来た」事は

幸せなことだったと、思います。

戦後生まれのあたしが思うくらいですから、

戦争を体験された方々の胸中や、如何ばかりかと

思います。

一方、二度の大震災を始めとする数々の地震被害や、激甚化する

台風被害に翻弄された30年でもあったと思います。

あたし的には、世の中の変化を実感し続けた30有余年だったかと

思いますね、技術的な事も、人の心も、世の中も

目まぐるしく変わったなと思っています。

■お祭り騒ぎ

でも、昭和から平成に変わる時の、あの世の中の陰鬱な雰囲気、

歌舞音曲禁止の色を失った街の風景を知っている世代から

云わせてもらうと、此の度改元生前退位

なにやら、晴れがましく、おめでたいですよね。

あの時、あたしも腕に喪章をつけて、一週間

店に立ちました(当時はショップの店員)…。

それに比べると

まるで「年末年始が二回あるようだなぁ」と

思ったもので、嫁様にそう云ったら

「へっ」と鼻で笑い飛ばされました…。

…ふぅ…なんて情緒のない…

■情緒がない…と云えば

数年前、あれは水木しげる先生がお亡くなりになった年でしたか、

見知った「昭和の人」がどんどんいなくなって寂しくて

友人と、『昭和は遠くなりにけり』だよねと

云っていたんですが、飲み会の席で有るお方が

「僕はそうは思えない、僕は毎日を如何に仕事を得るか

いかにもうけるか考えてるからそうは考えていられない」

と云いだしたので、

「それは、あたしのようなサラリーマンみたいに、気楽な事はゆうてられんと

云うことでしょ?そういうことじゃなくてね、サラリーマンも時間に追われたりして〈時短ね)いろいろだけさ、そこじゃなくて」

と情緒の話をしてるんですよ と云おうとしたら

「それは当たり前や!」

と激高されて、辟易しました。

結局、情緒の分からない人とは、情緒の話は出来ないすね。

例えば、楽しんで登山して、ああこんなに登って来たのか~と感概に耽ってる人に

「さっさと登らんと、頂上に時間までに着けへんで」

と怒鳴りつける人みたいなもんで、論点が全然違うよね。

あたしはそう云う事を説明しようとしたんですが、聞く耳持たん状態なんで

酒がまずくなるもの嫌だし、その話はやめにしました。

■それでもあたしは思う

それでも、あたしは今に至り、ふと振り返って思います

青春(少し遅い青春ですが)を過ごし、家庭を持ち、冒頓ながら

ただひたすら歩んできたこの平成の三十年、

そしてその向こうに霞む、懐かしい昭和の世

~降る雪や、昭和は遠くなりにけり~

原文は~明治は遠く~ですが

かつて、去りゆく明治に寄せたこの詩になぞらえて、

来たるべき令和の時代が、

その字の通り、麗しく、のどかけく過ぎて行きますようにと

祈らずにはいられません。