ちょこチップス

お気楽CHOKKOさんののほほんな毎日

ペンギン工房からのお知らせ

こんちわ CHOKKOです

来る 5月16日の関西コミティアですが

ペンギン工房は、残念ながら

今回も参加しない事としました。

なんせこのコロナ禍

収まらないどころか、変異株が

えらいことになってるわ、

案の定緊急事態宣言延長拡張だわ

で、ちょっと今

イベント参加してる状況ではないかな

と判断しました(数ヶ月前にね)

高齢の両親もいますし、

会社からは飲食、イベント参加の禁止が言い渡されててるしで。

で。

理由の一つはこのコロナ禍なのですが

 

それ以外にも、あたしの精神状態が芳しくないも

理由の一つです。

あたしは元々鬱持ちなんですが、

ここ数ヶ月の職場環境の激変や所謂パワハラ

また鬱が悪化してしまったみたいで…

そんなこんなで、

数少ないあたしの作品を楽しみに

してくださってる希少な方々には申し訳ないんですが

今しばらく、お待ちください

いつかまたペン工 復活しますんで。

その時まで。

 

 

琵琶湖一周

こんちわ CHOKKOっす

GWも終わりですね、ああ人によっては

この後、日曜まで休みの人も居るかもですが

まぁ一般的には今日まででしょう

■琵琶湖一周

さてね、あたしは休みは2日の日曜からだったんですが

2日は雨だったんで、別に何ということもなく過ごして

よく3日 ぱかんと晴れたので、とりあえず

ドライブに出かけたのです

滋賀県民あるある

滋賀県民あるある あのですが、車を買うと

琵琶湖一周に出かける と言うのがありまして

あたしも、今の愛車ミントちゃんを買ってから

まだ琵琶湖一周してないんで

ちょっと走ってみよかいな と思い

3日出かけました。

■琵琶湖一周

最近自転車で『ビワイチ』が流行ってますが

やっぱ滋賀県民としちゃぁ 車買ったら琵琶湖走りたくなるよね

で、何でビワイチしたがるのかいな と考えると

1. 丁度いい距離

琵琶湖は一周約200キロとドライブするには手頃な距離

2.景色が良くて、道がくねくね

琵琶湖に沿って湖周道路や湖岸道路が整備されれて

綺麗な景色を見ながら、琵琶湖の形にくねくね走って

退屈しない

のかな と思います

■兎に角出発

さて、そんなこんなでとりあえず出発

あたしは今乗ってるミントちゃんで歴代4代目の車なんで

即ち、ビワイチも4回目(もう少ししたかも)

でもいつも時計回り(湖西から湖東周り)で走ってたんで

いっぺん技役回りにいこかな と自宅から反時計回りで

走って行きました

■当初は一周するつもりでは

と 言いつつほんとは一周するつもりなかったんすよ

近江八幡休暇村あたりで反転して帰るつもりでした

が。もう少しもう少しと走るうちに

彦根に入り、

ここまできたら一周するかぁ と一周することに(笑)

■湖岸の公園駐車場一斉閉鎖

さて、このGWは他府県の緊急事態宣言を受け

滋賀県は琵琶湖周辺のっっ公園駐車場場を一斉に閉鎖に踏み切りました

で、通りすがら見てみると県の公園駐車場は一律閉鎖してあったんですが

その誘導路や、駐車場ではない凹みや退避場所みたいなとこに

主に他府県車が臆面もなく路駐していて

なんか嫌な気分に。

あたし、こういう事する輩 って大嫌いなんですよね

ルールは守って欲しいし、県なり県警なりももう少し厳格に

取り締まって欲しいわ。

で、そんなこんなで走りっぱなし

休憩もできないし、コンビニも感染が怖いんで

立ち寄れないんで、仕方なく道の駅とかで

トイレだけして、お昼とかも買わず

飲まず食わずでドライブ続行

(ああお茶は買った)

■北へ北へ

さて、北に向かってどんどん走り

琵琶湖大橋越えて、長命寺から近江八幡にいく

湖岸沿いの細い木の覆い茂る小道を通り

国民休暇村

やぁここも木立が新緑で素敵でした、

でもなん渋滞してて 他府県ナンバーが

多かった

で、国民休暇村のもう少し行ったところの駐車場に止めて

休憩して、いくか戻るか迷ったんですが

もう少しいくか とドライブ再開

途中 藤棚(だったような)に藤が綺麗に咲いて居るとこがあって

写真をって さらにドライブ

近江八幡抜けて彦根向けて走る湖周道路 琵琶湖が青く綺麗で

今でも目に浮かびます

途中、どこかな?彦根あたりで、お祭りの一群に遭遇

3日は本当なら、あたしの地元もお祭りの日でしたが

去年に引き続き、今年も神輿やら、稚児行列は取りやめ

あたしは、特に祭り好きな方ではないんですが、ほいでも

ないとなると、ちと寂しい。他地域の祭りを(縮小版でしょうが)

みると、ちと羨ましい。

さて、車は松原水泳場の横抜けて、さらに北へ

そうそう、松原御殿の庭の特別公開やってましたね

何年か前、見にいったなぁ あれから整備されたかなぁ

■ナビよ!

そして『近江の母の郷』道の駅でトイレ休憩

でここで、ナビに海津大崎のつづらお崎の展望台へ行くよう

行き先をセット!

が、ナビは湖周道路(さざなみ街道)から離れ

内陸の国道をナビゲーション

結果、つづらお崎(奥琵琶湖パークウェイ)には

無事行けたんですが、なんか消化不良〜

今度行くことがあったら湖周道→湖岸道できちんと

琵琶湖一筆書きしようっと。

■数年ぶりの展望台

さて、ナビどうり奥琵琶湖パークウェイに入り展望台へといきました。

やぁ子供らが小さかった頃、当時の愛車ラムちゃんで行った頃と

ほとんど変わらない姿 

子供たちがまたがって遊んでいた

動物のモニュメントも健在のよう

しかしいつの間にか、

『恋人たちの聖地』とかになってて「???」

自粛期間に関わらず、車やバイク結構きてましたね。

折角来たんで、なんぞお土産を と思ったんですが

まぁ購買意欲を掻き立てるようなものは何もなく

記念絵葉書でも と思ったらそれもなく

あたしの好きな記念メダル〜 と思つたらそれもなくで

結果何もなく買わずじまい

お昼食べてないんで、なんぞと思ったんですが

テイクアウトできそうなんが、フランクフルトとクレープ、ソフト

あたりだったんで愛でたく断念。

〜あのね もう少し観光産業に力入れようよ

お弁当とか、ご当地サンドとか 色々できるでしょうが。

お土産ももっと種類置こう? これじゃ観光客満足しないよ。

■バックリターン

で帰ることに。

桜の季節を過ぎた海津大崎は、ちと物足りないものでしたが

でも奥琵琶湖ならではの景観を堪能しつつ帰路へ

ナビは今来た塩津方面へ戻るルートを提示しましたが、

今回のドライブの目的は琵琶湖一周なので、ここはあえて湖西方面へ

■湖西…渋滞半端ねぇ

さて、海津大崎奥琵琶湖パークウェイ)から湖西方面へ

無理くり進行した私。しかしここで大誤算に気づくのです

『湖西方面の休日の大渋滞』

に遭遇

〜なんだよ、何でこんなに他府県ナンバが溢れかえってんだよ

関東方面や、大阪、兵庫、京都

緊急事態宣言出てる県からどんどん流入しとるやん

中には、あからさまにキャンプ用品積んでる車を

多数散見。

小池東京都知事がさ、「東京に来ないで下さい」たら

言うてらったが、あたしらに言わせたら

『滋賀に来ないで下さい』だよ

緊急事態宣言もいいし、飲食の時短や自粛もいいけどよ

越境往来も取り締まれよな(できる範囲で)

せめて県境で検問(検温とか往来自粛勧告)くらいしろよ!

〜んな訳で、湖西道(161号線)は高島市内でピクリとも動かず

白髭神社の前辺りでもう、すっかり日が落ちてて

湖西道路との分岐のところ(近江舞子か?)ところまで

すげー時間かかったよ。

あとさ、もう真っ暗なのに白髭神社周辺に人がいっぱいいたわ

もうね、湖中大鳥居はライトアップとかしないから

早うお家かえりよし!

■9時帰宅

まぁ161号線で普通に浜大津まで帰ったのと、

(一周しか買ったからね)

途中でフレンドマートで買い物したのもあるけど

帰宅したら9時でした。

■まぁ総括

でも、琵琶湖綺麗だったし、新しい車(ミントちゃん)の運転は楽しかったし

行ってよかった。

今回は一人ぼっちだったけど、嫁様も行きたがったので

今度機会があったらまた、行こうかな

でもやっぱ

ビワイチは『時計回り』がおすすめ

あと、自転車のビワイチの方々は

できれば、日没までに走行を終了するプランでお願いしたいです

大津市内とか一部を除いて、街灯が全然ないし

車から夜間は自転車が非常に視認しづらい!

 

でも、琵琶湖一周 おすすめです。

大体一周8時間見ておいてください、あたしは寄りませんでしたが

カフェとかレストランとか観光名所立ち寄るなら

その分見越すか、行程をショートカットして半周にして高速で帰るとか

するのがおすすめです。

 

でもほんとに、以前走った頃より大分道の駅も増えたし、

道路自体も整備されて綺麗です

いいお天気の日に、安全に考慮して、大きな琵琶湖を楽しんでね。

あたしも、またそのうち行こうっと。

 

 

昭和は遠くなりにけり

こんちわ CHOKKOです。

今日は『昭和の日』だそうで、昔緑の日って云ってて、

その前は昭和天皇天皇誕生日でしたよねぇ。

ふ〜ん、昭和の日 て。いつからそんな名前やったっけ?

と調べたら、2007年からなんで、もう14年になるんすね。

■昭和 か。

今、SNSだ〜。インスタだ〜。ツイッターだとか云っとる

方々の大半は、「昭和」は知らんのでしょうなぁ。

あたしは、長く続いた、昭和の丁度中ほどに生まれたんで

結構、変わっていく世の中を見ていくことができました。

景色や、暮らしや、社会がどんどん変わっていくのを見つつ

年取ってきました。

そうすねぇ、丁度あたしのお祖父さんお祖母さんの生きた

「明治」をあたしらが見聞きしたように、今の若い人たち

『昭和』を思うんでしょうな。

まさに

降る雪や、昭和は遠くなりにけり ですな。

何にも便利なものがない頃に生まれ

日本がどんどん進歩していくのを見ながら

そして、昭和大帝が崩御されるのを

腕に黒い腕章をつけながら(マジです社命でした)見送って

同時に、時代が終わるのも見てきました。

■歴史で習う

んでしょう?というかもう、あたしらの生まれ生きた昭和は

教科書のいちページになっちゃったのか と思うと

なんか寂しくもあり、おかしくもあり。

でもね平成生まれの諸氏も、もう二、三年したら

あたしらと同じ道を辿るですよ

『お父さんお母さん、学校でヘイセイについて聞いてきなさいって

宿題が出たねん』

へへ ざまぁ見ろ(笑)

でも平成は平成で自然災害が大変で

話題にはことかかんじゃろて。

■昭和レトロブーム だと?

なんか、今昭和レトロブームがじわじわ来てる と新聞が報じてました。

そう言えば、テレビで、花柄の食器やポットや鍋が注目されてる とか

どこやらの遊園地が昭和レトロをテーマにした新エリアを造る とか

やってましたなぁ

でも、そのいうところの『昭和』って

30〜40年代のイメージなんでしょ?

クレヨンしんちゃんにそんな内容の劇場版が

以前ありましたよね(笑)昔の匂い〜とか

■でもしかし、懐かしきは昭和

でもやはり、懐かしき昭和

古き良き と言われるかもしれないけど

決して、暮し良かった訳じゃないですよ

酷い公害に、劣悪な住環境、街も汚く、人々のマナーも悪く

所得も(一般的には)低い

でも、何かしら懐かしいな

■この時代は

あたしは、今の時代が大嫌いです

確かに夢のように便利になって、街も綺麗で

でも妙に生きづらい…。

昭和という言葉に

得体の知れない『温かみ』を感じるのは

年寄りのせいなのか、生まれた時代だからか

あたしが負け犬だからか…。

とはいえ、同じ昭和でも、昭和十年代生まれの

あたしらの親に言わすと、戦前の昭和は

貧しく、陰鬱で、何もいいことなんかない

…と言いいいしてたんですが

でも、昭和初期から戦争前までは

モボモガが闊歩する銀座もあり、華やかなカフェー文化も

あり、都市部ではなかなか華やかだった とも聞きます。

要は、時代というより、自分の見てきたものに

よるのかも知れません。

■いつのひか

かなり以前から、あたし云ってますが、

いつか『CHOKKOが見てきた昭和』をテーマにした

コミックエッセイを描きたいと思ってます。

もう、ほんとに一部地域限定の昭和

あたしの記憶の中の景色を並び立てるだけのものなんで

読んだ人が面白いかどうか疑問ですが

あたしの備忘録としてでもできればなぁと画策しています。

 

昭和は遠くなりにけり

 

でもやはり何か一抹の寂しさ思う昭和の日でした。

 

観るもの、見ないもの

■三周年らしいです

こんちわ、CHOKKOです。

桜もあっと言うまに咲いて、散ってしまいましたね。

四月十日前後で、『海津大崎の桜』が散ってしまうとは…。

ホントに今年の春は慌ただしかったですねぇ。

も少し、桜味わっていたかったなぁ。

さて、当ブログもこの三月末で三周年だそうです。

最初、ぷららというソニー系のプロバイダでホームページ付属の

掲示板として始めて、その次にブログがでけるというので

加入したeo、そのeoがSNSの多様化を理由にブログを

一方的に終了しくさって、新たに始めたのがこのハテナでの

ブログ…。やぁそう考えると、結構長くやってるなぁチップス。

でも、その割にコメントほとんど入んないな。

最初の頃のぷららの頃の方が、まだ見知らぬ人のコメントとか

入ってたなぁ。迷惑コメントもすごかったけどね。

う〜ん、友人方はともかく、誰も見てないんだろなこのブログ(笑)

面白くないんだろなぁ。写真もないし。(反省)長文だし。

■観るもの観ないもの

さてね、前回書きましたように、最近テレビがつまらん。

BSならなんとかなるか、と思っていたんだけど

BSも結局、テレビショッピングとかばっかしで、期待してい

た「ドキュメンタリー」や「旅番組」はたまにしかやんない。

アニメやなんかも。最近のはイマイチ食指が伸びないし〜

…ので、いきおい、過去に録画しといた番組とか、購入した

DVDへ走リマス。

あたしがレギュラーで録ってるのは

ブラタモリ』と『歴史秘話ヒストリア

でも、ブラタモリも最近はコロナ禍のせいで、ロケもままならんというわけで

〜選とか〜スペシャルとかで、過去作の再編集ものばっかになったし、

ヒストリアはこの間、終わっちゃって、寂しい限り。

ヒストリアはいつからかなぁ、見出したの。

カラフィナの素敵な歌声に惹かれて見出したのは覚えてる。

初期の頃のヒストリアは番組の最後の方が、カラフィナの

「夢の大地」にのせて、ちょっと、うるっ とくるような番組作りに

なってて、よかったな。最近のはなんか、映画とか大河の番宣みたいな

人気取り的な内容になってて、ちょっとがっかりしてたけど

それでも歴史教養番組として楽しんでたけど、

終わっちゃって残念。

ブラタモリも先述の様にロケに出られん分、スタジオトーク番組化してしまって

精彩に欠けるし、これまた残念。

旅番組も同様に焼き直しや再編が多くなって

ただでさえ、予算がかかる旅番組やらドキュメンタリは減少傾向にあったのに

このコロナ禍のせいで、今や瀕死です。

そんな中で、やってると結構観ちゃうのが

「充電させてくれませんか」(テレ東系)と「せっかくグルメ」(ABC系)

あと。何故か突然やる「自衛隊潜入」的な番組

そんなの以外は、ほぼ芸人集めての馬鹿話番組なので観ないっす

ああ、「ちゃちゃいれマンデー」と「キメツケ」(関西テレビ

も面白いので

これは芸人でても好き。

あと「ユーはどうして日本へ」と「日本へ招待したら〜」(テレ東)も

観てるな。最近テレ東面白い企画ものするよね。

映画は以前から映画代が高すぎるのに不満で、まんまし上映リアルタイムで

観てないんでよね。最後に見たんは『この世界の片隅に』かな?

『シン・エヴァンゲリオン』も観たいんだけど、

コロナだわ、映画代高いわで、まぁ、見に行かないな

レンタルするか(それも感染が怖い)余程のものは

購入するか。

あたしがここ数年で、購入した作品は

シン・ゴジラ』『君の名は』『この世界の片隅に

『映画けいおん

あと、『トラトラトラ』『若草物語』『ローマの休日』かな

一方、テレビドラマはほとんど見ないんだけど

もうだいぶ昔になるけど、『大仏開眼』とか

坂の上の雲』とか『桜の国夕凪の街』とか

はだしのゲン』とか

VHSではもっと色々録っていたんだけど、デッキが危ない状態になったんで

もう観られません(泣)

戦国自衛隊(テレビドラマの方)とか『八月六日広島』とか結構昔は

ドラマでもいいのいっぱいやってたんだけどな(泣)

アニメの方では

「ヤマト2199」とか「映像研に手を出すな」とか

けいおん」「たまこまーけっと」とか「リトルウィッチアカデミア

この間までやってた「未来少年コナン」その前やってた

「ふしぎのうみのナディア」とか

けいおん」は二期の方が好きなんだけど、最初のOPが

ガチャガチャした感じで嫌だったのと、

プロデビユー目指す様な話だろうと、勝手に決めつけて

最初の頃見なかったんで、その良さに気がついたのが

ほぼ終わりかけ(泣)のちにBSで一期の方やってくれたので

それは全話取ったんだけど、二期もやってほしいなぁ。

エヴァンゲリヲン」シリーズは最初民放でやってたの録ってたけど

長年かかってNHKがやってたのでCM無しのが撮れてラッキー

NHKってなんかエヴァ好きだよね、特番とかエヴァヒストリアとか

やってたし、コナンとか、映像研みたいな良質の作品やるので

侮れません。

あと、民放では日テレがよくやるジブリ

紅の豚」とか「風立ちぬ」とか?

魔法少女マドカマギカ」も録ったな、スピンオフの

「マギカ何とか」も

■さて本題

前おきが長くなりましたが、そんな中

いつも観るもの観ないものが決まってくるです。

ブラタモリとヒストリアは定番で見まくり、ただヒストリアでも

あたしゃお城や、戦国時代、江戸時代は好きだけど、武将には興味ないので

録ったものの、あんま見ない話も多々あり。

ドラマでは「坂の上の雲」はよく観るなぁ。金かかってるよねあれ

出来もいいし。三笠の主砲も、旅順攻略の二十八サンチ榴弾砲もちゃんと

後退してるし(笑)榴弾が炸裂する描写もいいし、なかなかいいです。

CGも役者さんも、セリフの長州弁や土佐弁とかもいいし。

大仏開眼』もよく観るです。あたしゃ平安以前の古代が好きなんだけど

あんま奈良、天平飛鳥時代のドラマとかやんないし、それだけで貴重。

また、石原さとみさんが可愛いっす。古代衣装とメイクがよく似合ってて。

ああいうの平気で出来ちゃうのは、さすがNHKだと思うあたし。

アニメでは言わずもがなで、「この世界の片隅に」もう

家族から苦情が出るくらい(笑)

次は「ヤマト」とかな次は「けいおん

「ヤマト」はオリジナルもリアルタイムで見ていたけど

今のも松本零士感はあんましないけど、総じていいかと。

けいおん」は見てるとホッとする。

たまこまーけっと」も好き。

…で意外と見ないのが「君の名は」

う〜ん、悪くはないんだけど、なんかスタイリッシュすぎるのと

三葉滝くんの声が、ちょっと馴染めなくて。

で「エヴァ」もたまにしか見ないかな。なんか見たあと

運勢が悪くなりがち(笑)

意外と観るのが「紅の豚」と「風立ちぬ

特に「風立ちぬ」は公開時から全然評価してなかったんで

見ないだろなこりゃ と思ってたんだけど

息子っちが いいよ というので見てみた。

息子っちはIT研究者で、技術肌のやつなので、何か

心の琴線に触れるものがあったらしい、友人とも

観るべき と言ってたそうな。

で、見てみると、やっぱ庵野さんのアテレコはちょっと勘弁してほしいけど

なるほど『研究者』『モノづくりに携わる者』としては

共感を得られる感じは、なんとなくわかる感じでした。

ファンタジーの一種 としてみるならいいかもね。

でもやっぱ庵野さんのアテレコは失敗だと思うな。

紅の豚』の方があたし的には好き。

ゴジラ』もよく観る。エヴァっぽい音楽とか

無人在来線爆弾攻撃とかばかばかすぎるのがあったりするけど

それを差し引いても、ゴジラ映画としては一番好きかな

初代ゴジラの次にね。

最近、深夜で「王立宇宙軍」やってたんで、撮りました。

あんなマイナーなのよくやったなぁ。

ああ、そうだ「レディプレーヤー1」が意外と面白かった。

そうだ。子供らが小さかった頃は、よく「ハリィポッターシリーズ」を

見てたなぁ。

最近、精神的によくない状態が続いてるんで、時間がある時とか

涙活しようと、泣けるビデオ探すんだけど

結局、いつも見てるやつになってさ、だんだん効果なくなってきて

困ってます。前は「けいおん二期」でたっぷり泣けたんだけど

あんま見過ぎて、慣れてしまって。

「マドカマギカ」は一時期よく見てた。あたしは持ってないけど

息子っちが劇場版持ってるんで、それも借りてよく見たな

マドカマギカも結構泣けたな、意外に。

あれはなかなか、名作です。

スピンオフの「マギカ〜」は録ったきりあんま見てない

元ネタのゲームを知ってる息子っちは

高評価出してたけど

あたしは、本編はかな?

■話が長い!

いやはや、これだからうちのブログは

誰も見てくれんのだよね〜

ともかく、テレビはお笑いばっかやらず

もすこし、高尚とは言わないけど、教養ある番組も

やってほしい。BSやらNHKプレミアムとかでたまに見てるとあるんだけど

TVガイド熟知してるわけではなんで、よく見逃すし

できればレギュラー番組でそういうのやってほしいなぁ

大河もなんか最近劣化してるよな

真田幸村」はすげー面白かったけど

最近はもう何も期待していないし、見ていない。

(なんで渋沢翁なんだよ)

あとさ、戦国武将とか、江戸とか幕下じゃなく

平安とか奈良とかもやってほしいよね

枕草子とか、更級日記とか

上手に脚色したら面白いと思うんだけど。

アニメも最近の見てるわけじゃないいから、偉そうなこと言えんけど

『見たくなる様な』作品お願いしたい。

技術や技法がすごくなってる割に、いい脚本・演出をする作品に

なかなか出会えない気がする。

それは、みる手のあたし自身が老いて嗜好が変わったのもあるでしようが

ジブリなき今 若手クリエーターも頑張って

内容で訴えてほしい。京アニがな期待の星だったのに

あんなことで…残念ですよ。犯人にはバチが当たってほしい。

庵野さんも、シンシリーズばっかやってないで

アニメに戻ってほしいな

…とはいえ「シンウルトラマン」はちと見て見たいや(笑)

 

とりあえず、これからに期待 ということで。

 

 

関西 と言うとき

今に始まったことでは有りませんが、

最近 テレビが面白くないですよね。

どこ回しても『お笑い芸人』ばかり出ていて、

才のないことばかり言って、面白くないこと

甚だしいわいね。

特に、このコロナ禍になってからロケ番組も

出来なくなって、過去作品を、〜選 たら

スペシャルたら云うて、再録ばっか垂れ流し。

芸人言うたら

あたし、以前は朝は『おはよう朝日』観ていたんですが

芸人ばっか出る様になって、『めざましテレビ』に

鞍替えして久しいんですが、ここも最近、特に芸人を

起用する様になって、最近辟易してます。

頼みの綱だったNHKも、ここ数年芸人ばっか出る様になって

質が下がる一方。

こないだの、3.11の「生さだ」よ

明け方4時くらいまでの長丁場の番組なのに

合間、合間に、つまらん芸人のお笑いライブとか

歌手の歌とか挟んでくる

いやさ、それなかったら2時間くらいの

いつもの番組構成で行けたんちゃうん?

あたしゃ、さださんのトークが聴きたくて

生さだ観てるのに、埋め草でそーいうパフォーマンス

挟むのやめて欲しいわ。(個人の見解です)

あたしは、生活には『笑い』は必要だと思うけれど

『お笑い』は要らないかな と思ってる人なので

最近のテレビの有り様は辛いすな。

芸人も、頑張ってて面白い人もいるんだけど

最近は『芸のない芸人』が多くて

話芸で笑かしてくれる人が居なくなってきて

なんだかなぁ と思う今日この頃

■さて 本題

よくテレビで、関西人に〜 とか

関西人は とか言う関西特集のような

番組もあったりするんですが

その時の『関西』って

関西=大阪になっている事が多くて

これまた、なんだかなぁ と嘆く私

関東の人がイメージで関西云々言ってるのは勿論

地元関西局でも関西=大阪 テイストで物いいよる事が

多くてどーもいかんわいさ。

関西たって、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山

それぞれ、気質も考え方も、話す方言も

み〜んな違うですよ?

そこを十把一絡げで、関西くくりにされて、

もっと露骨に言うと、全部大阪人 みたいな

イメージで持ってかれるのは嫌だ。

(大阪がどうのこうの、という訳ではないよ)

そもそも、大阪だって、泉州の方と、船場じゃ違うでしょうに

上町と、南、北も違うじゃろ?

以前『たまこまーけっと』が放映された時

商店街の人のたまことの関わり方に噛み付く輩が

結構居てらったですが

言い方悪いけど、『土足で人の心に踏み込まない』あたりが

京都なんですよ(たまちゃんは出町柳商店街の娘)

大阪もいい 兵庫も素敵、奈良も京都も素晴らしいし

滋賀も、和歌山もいい

けど、大阪だけが『関西』ではないのだけは

畿内の人も、関東の人もわかってほしいわい

 

あと、何遍も言うが

「京都弁」て言うのと「大文字焼き」言うの

やめてんか。

 

 

春先雑感

どーもCHOKKOです

いや 今年の桜はホントに早いですね。

先日の日曜日、お墓参りに京都に行ってきましたが

うちのお墓のある、某お寺(結構有名寺院)でも

綺麗に枝垂れ桜が咲いてました

いやはや、春ですねぇ…。

近所の桜ももうだいぶ咲いてきましたよ

うちの周りは琵琶湖の畔なんで、浜風で

結構遅い開花なんですが、それでも今日見たかぎり

三分〜五分咲き この分じゃ、今月末で満開になりそうな

春になるのは嬉しいけど、なんか慌ただしいなぁ。

■緊急事態宣言解除

だそうですな、東京方面。感染者が下げ止まっている

状況なのに、菅政権ってのはバカなんですかね?

それか、そんなに二階幹事長が怖いのか。

馬鹿といえば、時短やらを要請されるのは

民主国家たる日本にあるまじき事とか言って、提訴した

飲食チェーンの社長がいましたが

民主主義と自由主義を履き違えてませんかね

なんでも、自分の自由になるのと民主主義は違うですよ

何もガースーの肩持つ訳ではありませんが、

他国のように、大規模ロックダウンが行えない辺り

部が悪いんですよ、日本は。

あくまで緊急事態宣言や、時短、自粛は

『お願い』の範疇なんで、要は、一人一人の心づもりに

かかってるんすよね、

だから、もっと云えば、きちんと時短や自粛守ってるお店が

守らない店に客取られて、その挙句に

その客らの為に感染が拡大して、結局

あたしら、無関係な人、真面目に取り組んでるお店や人に

感染拡大や、再度の緊急事態宣言発布などの

迷惑かかってるのは、分かっての提訴 なんでしょうかな?

そもそも日本が民主国家とか思ってるあたりナンセンス。

■桜のこの時期に

宣言解除なんか狂気の沙汰ですよ。

花見するな 言っても拘束力も、罰則規定も

ないんだし。

若い奴らには我慢 てものが足りないし。

二週間後、それこそ千人単位で感染者出るんだだろなぁ(東京)

なんか、

「もう、打つ手ない」て投げ出した様にしか思えないな

お店や、観光業はこれで少しは潤うんだろうけど

感染が蔓延したら結局

今までの我慢、臥薪嘗胆が無駄になるんですが?

増えたら、また宣言すりゃええやん 的な考えなのかな?

変異株も拡大中だっちゅうのに

相変わらず、三密をさけ、マスク会食、黙食、個食、

手洗いうがい とかの今までの基本を徹底って

言うだけでは、無策に等しい

これじゃな〜収束は程遠いな

とりあえず、

東京五輪はやめてください。

 

 

赤毛のアンのDVDBOXをですね…

買ったんですよ〜。この間ね。

あ、どーもCHOKKOです

赤毛のアン』は実は全話VHSで持ってはいるんです

もう昔、今は無き親友がレーザーディスク

(若い人はレーザーディスクって知らんだろうなぁ)から

ダビングしてくれて、もう何遍もみたんですが

最近うちのVHSデッキが調子悪くなって、テープを咬むようになったんで

危なくて見られない。

でもアンが見たいよう と言うことで

買うことにしたんです

■ホントはデジタルリマスター版の

ブルーレイBOXが欲しかったんだけど、DVDの倍するんで

さんざ、悩んだ挙句、DVDに。

でも、DVDでも十分ですよ。

■やっぱりアンはいい

そんな訳で、今月頭からほぼ毎日楽しんでいます

赤毛のアン』いいわ〜

自然な演出、ほぼ原作に忠実、余計な脚色はないし

尺稼ぎのお話も、ちゃんとLMモンゴメリの他作品から持ってきてるんで

違和感はあんまりない。

後、登場人物が段々成長(老いる)していくのがいい。

大体3〜4段階位で成長していく(ビジュアルが)んですが

痩せっぽちだったアンが段々女の子らしい体型と雰囲気に

変わっていくのがなんとも言えません。

■アンのどこがええの?

と昔誰かに聞かれたことがありました。

そう言えば、大学時代に

俺はあんな「ああ 神様のお陰ですとかいう話は嫌い」

ていうやつがおったですが

そんな話じゃないですよアン。

そうですね〜あたしは自他共に認める「アンフリーク」ですが

他の作品も好きだし読んできたんですよ?

オルコットの『若草物語シリーズ』も『昔気質の一少女』

花物語』とか『パレアナ』『スウ姉さん』とかのEポーター作品

嵐が丘』とかのブロンテ姉妹作品

レベッカ』『秘密の花園』とかもう、「家庭小説」「少女小説

と言われるものはあらかた読みましたです。

みんな素敵で楽しかったですよ

若草物語』なんかは流石の大作ですね、何遍も映画化されるのが

わかります。

あたしは、物語の『行間の向こうに景色を見る』のが好きなんで

技法や文章力だけではなく、やはり実体験をベースにした

物語が好きなんだと思いますね。

その中でも、やはり『赤毛のアン』が一番好きかなぁ

■なんでもない日常

なんですよね、アンの話。

朝起きて、家事したり、学校行って勉強したり問題起こしたり

フツーの毎日の積み重ね

その、たおやかな、穏やかさがいいのかなぁ

劇的なことは余り起こらない、小さな喜びや悲しみの積み重ね

その中で流れていく時間

作書モンゴメリの見てきたものが行間に垣間見える

活字の向こうからカナダの草いきれが、風が感じられて

すごく読んでて落ち着くんすよ「アンシリーズ」

若草物語も少し劇的だけど、四姉妹の日常がつぶさに描かれていて

これもまた、行間からアーリーアメリカンの空気が感じられて

いいんですが、が。ちょっと昔すぎかなぁ

アンは時代的に明治時代のお話で

電化製品とかがないだけで、生活スタイルは

基本現代と乖離していない、学校あり高校受験あり

でも若草物語南北戦争の時代の話ですよね確か

まだ「社交界」と言うものがはっきりある時代

(アンも田舎の話なので無かったのかもですが)

だもんで、ちょっと時代劇すぎるかな?あたしには。

■初めてアンと接したのは

中学の英語の教科書ででした。

確か『アンレイチェルリンド夫人に謝る』の回だったと

思いますが、「変わったコだなぁ」位でしたが

高校になってペリーヌの後アンの放映が始まって

アニメと同時に原作も読む様になって

(電車通学で通学時間が長かった)いつしか

全巻読むように。

■でもアニメの力は偉大

原作も大好きですが、それと共にアニメも大好き

流石 高畑監督ですね

近藤さんのキャラクタも素敵で、音楽も井岡さんの美術も

素敵で。

宮崎さんも最初は言っていたけど、コナンの方に行っちゃって

まぁ宮さんには日常すぎたかもです

(アンは嫌いだ と言った説話が残ってる)

美味しそうな(豪華ではなくても)料理やお菓子が出てきて

綺麗なカナダの自然が描かれて

ナレーションが入るので、音だけでも進行がわかるし、ホントすごいです

きちんとロケハンされていて、資料もきっちり照らし合わせての作画

櫻井さんの画面構成(レイアウト)の妙

世界名作劇場』はその前のカルピス名作劇場からの

流れをくむ良質のアニメですが、アンはハイジ、母を訪ねて

に並ぶ突出した良質作品だと思います

今改めて鑑賞して、やはり感動は薄れません。

ええもんはええんですな。

■影響下

でね、お恐れながら、あたしの作品 それを踏まえてこれまた

読み返してみると、やっぱ

あからさまに

アンの影響受けてるなぁと痛感。

(勿論遠く及びませんがね)

オーパルシリーズやアヴィは

自分でも『魔法の赤毛のアン』(笑)と言っていたんですが

当たらずとも遠からず です

■あたしの描く道

前回、大砲とスタンプの登場人物みたく、

「嫌な奴」が描けないなぁ

と嘆いていた私ですが

やはりあたしの性に合うのは『アン』のような

いつもの日常ものかもしれないな。

その点でARIAとかが好きなのも共通してるのかも

まぁARIAはちょっと系統が違うかなぁ

とりあえず50話あるので、今暫くは楽しめます。

そのあとはまた、原作を読み返していこうかな

辛い日常には逃げ込む夢の国が必要なんですよ

それは人によって様々で

それでいいんですよね。

ああ いつか同じアンフリークの人と

思いっきりアンや家庭小説の話で盛り上がってみたいなぁ

ラカンだからなぁ無理かな

 

…しかし、それにしてもNHKでやっていた

『アンという少女』は酷かった