ちょこチップス

お気楽CHOKKOさんののほほんな毎日

また、赤毛のアンを読んでます

こんちわ CHOKKOです

赤毛のアン再読開始

いやね~、最近読みたいコミックとかが無くなってきて、

以前から愛読していた、『赤毛のアン』シリーズに

立ち戻っています。

昔、電車通勤していたころは、車内で良く読んでいたんですが

車通勤するようになってからは、あまり読まなくなった

アンシリーズですが、今回、愛車の中に置いといて

昼休みに車内で読むようにしています。

自宅だとね、やっぱテレビやビデオ見たり

漫画読んだりしてしまうんで、

車内読書

(うちの会社には休憩室がない)

■やっぱいいわ、アンシリーズ

少し前、NHKの『100分で名著』だかで

テーマにも取り上げられていましたが、

やっぱアンはいいわ。

いや、別にあたしは、『家庭文学』『少女文学』と

呼ばれるもの全般が好きなので、

アンに限らず、『若草物語』や『パレアナ(ポリーアンナとも)』

『スウ姉さん』とか『少女レベッカ

有名なアリスシリーズや、ブロンテ姉妹の作品

勿論、アンの作者モンゴメリのアン以外の作品群も

手当たり次第に読んでるし、大好きなんですが、

なんじゃろ、やっぱアンに惹かれるな。

アメリカ作家の作品はなんかやっぱイギリス圏作品と

同じ時代でも雰囲気が(社会的なものか)微妙に違うし、

若草物語』あたりになると、南北戦争ぐらい古くなってしまうと

流石に現代の社会と乖離した描写や社会通念、慣習が

目について、(例えば社交界とかね)

ちょっと、古すぎる。

その点、アンだと今と共通するところがあって

理解しやすいし、先述のNHKの番組でも

茂木先生が仰ってたですが、モンゴメリの先見性と

独特のユーモア、文回しがあって、とても読みやすい。

■自身作品のバイブル

あたしは、知ってる人は知ってらっしゃると、思うんですが

兼ねてより、自分のオーパルシリーズとかを

「魔法の赤毛のアン」(おこがましいが)と呼称しています。

なんでもない、毎日の、退屈な日常の中に、ちょっとした

面白味、幸せを感じ取って、描いていく

これは、実は、やりにくい(作りにくい)んですよね

話を作る側としては。

敵が居て、戦う、とか、何かしらイベントがあって、とか

そういうのって、ストーリーが描きやすいんですが

日常を描くのって、まぁ大変。

その点、今回また再読して感じているのは、モンゴメリの卓越した

話運びの才と、自分の作品の源流は、やはりここなんだなぁ

う思いでした。

■アンシリーズ

赤毛のアン というと、最初の一作だけが良く知られていますが

は10作程の連作になってて、巻を重ねるごと、アンは成長していき

その過程を描写しています

子供だったアンたちが、高校生になり、教師になり、

大学に進学し、結婚し、母になり

そして、そのこども達がまた成長していき…と

そうですね、成長の物語なのかもしれないな

無理な描写も、しらじらしい演出もないし

特に、『アンの娘リラ』なんかは、もうほぼアンは出てきませんが

実体験に基づく為か、一次大戦下の描写が恐ろしく生々しい…

以前、北の弾道弾の脅威にされされていた時

この「リラ」で描かれるように、自分の子供を国に捧げることが

ありませんように と

に、本気で祈っていたものです。(ある方には馬鹿にされましたが)

あたしも、アンシリーズに倣って、オーパルたちが成長していく様を

上手に描けたらなぁと改めて思いました。

■それにしても

最近は、以前あったみたいな

世界名作劇場」的なアニメとかなくなりましたね

技術も進んで、絵の質なんかは格段に進歩してるのに

もったいない。

あたしが、家庭文学愛好家になったのも

ハイジを始めとする、一連の名作劇場作品が発端だし

今の子供たちにもね、

ライトノベルとかもいいのかも知れないけど

こうした、ちゃんとした文学も味わって

文字の海に船を漕ぎだしてほしいものだと

思います。

 

ま、しばらくアンシリーズを読み漁った後は

他の作品もまた再読してこかなぁ

関西コミティアに行って来ました

■延期開催のコミティアに参加

九月末の台風の影響で延期開催になった関西コミティア

参加してきました。

■お友達来ずのぼっち参加

まぁ、ドタキャン後の急な話ですからね

無理からぬことですが、結局友人は一人も参加できず

当然、夜の飲み会も無しで、

寂しい事になった今回のコミティアでしたが

盟友のスタジオブルズアイの石岡さんが

居てくれたので、何とか過ごせた感じですね

お付き合いありがと、石岡さん

しかも、ちゃんと新作上げてて…エライなぁ

■初窓際

今回はJ34と云うことで、窓際

ビルの街並みや、空ゆく飛行機、川面や行きかう

船を眺めながら、ぼ~っと出来ました。

また、良いお天気でしたしね。この日

■意外と売れた

さてね、今回こそはボウズかいな と覚悟しておったんですが

なんと、意外と売れましたよ~

■ブースに来た下さった方に感謝

緊急開催にもかかわらず、うちなんかに来て下さった方

ありがとうございました

中でも、東京から来た とおっしゃってた方が

荷物になるから考えたんだけど、ちょっと見て見たくて と

仰りながら、当日並べていた全種類

オーパル2からトラッシュ2まで、棚ざらいしてくださいまして

うれしくてうれしくて~

150円ほどしかサービスできませんでしたが

どうかなぁ…気に入って頂けたかなぁ

正直、気乗りしない参加だったんですが、

こういうのがたまに有るんで、救われるし

また次の励みになりますよね~

ホントに有難うございました

その他も、NT1やトラッシュに動きが有りましたよ♪

それだけに、夜の飲み会が無かったのが悔しい

■ガイドブックは

さて、一応の新刊のガイドブックですが

無料本とはいえ、もってけもってけ と云うようなもんでもないので

ブースに来て下さった方にどうぞ、とお渡しするのが関の山

だったのも有って、あまり目立った動きはなかったです。

でももう少しアピールしてもよかったかな?

まぁ今回のは試作品なので、これをベースにもう少し充実させて

改めて投入したいと思います

■次回参加は

さて、コミティア。次回は1月開催のインテックスなんですが

1回お休み致します。

と云うのは、やはり間に合わせ本ではなく、ちゃんと

作品を仕上げたい と思いますので、

ここらでまずは新作の制作に集中したいと思います。

きちんと納得いくまで作って

胸張って参加してたいです。

それまで、暫しご猶予を。

 

 

 

 

コミティア…いや大津祭りに行きました♪

■延期開催された、関西コミティア53に参加しました

台風の影響で、10月8日に延期開催された、コミティア

無事、参加してきましたよ。

でも、その前に…

大津祭り本祭に行ってきました!

コミティアの用意は一週間以上前から準備してあったので、

の前日に行われた、湖国三大祭り『大津祭』の本祭、

すなわち、曳山巡行に、今年も参加してきました。

まぁ、大津祭りがどんなものなのかは、ネットに沢山アップ

してあるので、そちらで調べてもらうこととして、

13基の絢爛豪華な曳山が、大津旧市街地の狭い路地を

車輪をぎしぎし云わせながら巡行する、お祭り。

最近はSNSの影響か結構見物人が増えてきた

あと、外国の方も急増。

祇園祭に比べると、曳山はずっと小型で、三輪だし、

祭り自体も規模は小さいけれど、ゴブラン織りとかの

見送りや、化装品の

絢爛豪華さは、祇園祭にひけを取らないもので、

今流行りのインスタ映え間違いなし

さらに、それが、うかうかしてると轢き殺されそうな

真近で見られ、さらに、もはや日本で唯一と云われる

粽(食べるのではなく厄除け)撒きが味わえると云う

たまらんお祭り!

■今年はちとフライング

いやはや、今年はいつもより早く行ったもので、天孫神社

の前で各曳山がからくりを披露して順次出発して行くところに

出食わしちゃって、それはそれで良かったんだけど、

鳥居の前がエライ人だかりで、なかなかお参りに行けず、

なんとか人波をかいくぐって、天孫さんにお参りと、

一年守って頂いた、厄除け粽をお返しに行って来ました。

あと、今年はいつも行かない方面に出張ったので

(大津城の石垣の遺構を見に商店街へ)可愛い稚児行列と

白い神馬に遭遇しましたよ。

■さぁ粽巻き

13基の曳山は、御幣の出てるお旅所みたいなお家の処にくると、

『所望』の掛け声とともに、それぞれの曳山の上で

からくりを披露して、そのあといよいよ粽巻き!

また、移動中も、町屋の二階に陣取ってる方々に向けても

粽を撒くんですよね、あとは辻で辻回し(方向転換)するときとか

そう云う時に、威勢よく撒かれるんです。

でも、粽はね、基本祭りの資金を出してくれた、町内の方に優先で

撒かれるんです。あたしらみたいな見物人には、『サービス』なんですよ

だからこそ、貰えた時は有難さ倍増ってなもんです。

貰えるも運、貰えぬも運。

二階目掛けた粽が落っこちてきたのを偶然ゲットする…それもまた運。

でも、そうはいうものの、若い女のこや、子供さんは結構投げて貰える

率が高いのか、一人でいっぱい持ってる人も沢山見かけました。

ま、子供ちゃんは自分の友達が曳山のってたりするんで、

さもありなん ですかな?

■だからね

だから、取り合いしたりしちゃだめすよ、ばちあたるよ。

あたしが見てきた限りは、争奪戦はあるものの、醜い

取り合いはないかな。

でも今年見かけたので、ちょっといやだったのが

動き出した曳山に近づいて行って(危険行為で禁止事項です)

『大阪から来たんや、粽投げてくれやぁ』

と叫んでいたおっさん…あたりの失笑買ってましたね。

気持ちは分からんでもないけど、

ちょっと無粋 かなぁ

放って~ 頂戴~ と一生懸命手を伸ばしてると

意外と手の中にやってくる それが大津祭の粽。

■今年もらえた粽は

で、今年は午前中なかなか貰えなかったんで、売ってるものでも

いいかなぁと半ば諦めていたんですが、

午前中に一つ、午後から一つ都合二つ頂けました

それも、去年と同じ『殺生石山』と『月宮殿山』の粽

これでまた一年お家の厄除けが! ありがたや

粽撒き、凄い盛り上がるイベントです、とても燃えます

楽しいです。ですが反面 とても危険です

禁止事項はパンフ等に載ってるんで、絶対守って

揉めない、取り合いしない、曳山に近づかない

で、お願いします。ケンカや、事故があったら

一発で無くなります

良い例が、そう祇園祭です。

■最後に大津祭りの楽しみ方アドバイス

あのね、これサイトやガイドにあんまり紹介されてませんが

大津祭りは、午前と午後で違うんです

午前は神事で厳かに、粛々と行われます

曳山の上の人たちの衣装も、黒紋付や羽織で、おとなしめ、

対して午後からは 街の祭り の顔になって

曳山の上の人たちもそれぞれ、意向を凝らした

着流しの様な粋な服に着替えて、

祭り自体もずっと賑やかに(酒が入ってるのあるが)

行われるので、粽撒きも結構派手目に行われるので

粽狙うなら午後からがいいかも

全弾打ちつくすまで撒かれるんで、結構チャンスあり

■来年も楽しめますように

今年も貰えてよかった~ 来年もまた貰えるといいなぁ

あ 粽の話に終わりましたが

大津祭りはそれ以外も見どころ満載なんで、

いっぺん、見に来ておくない

 

コミティア53 延期開催に参加します

■ペンギン工房からのお知らせ

CHOKKOです

先週の台風24号により、

やむなく関西コミティア53を欠席する事にした

ペンギン工房ですが、

結局、コミティア自体が開催中止となり

10月8日 祝日に順延開催 となりました。

で台風25号の接近もあって

暫し、様子を見ていたんですが

どーも8日は大丈夫そうなんで、

参加することにしました♪

■ペンギン工房 参加します

スペース J-34

場所は予定どおり、天満橋OMMビル です。

新刊は、オーパル・アヴィガイドブック

無料配布本ですが、数があまりないので

ご希望の方はお早めに!

ご来店お待ちしてます

30日の関西コミティア欠席します

ペンギン工房より、緊急のお知らせ

■関西コミティア53 欠席致します

台風24号接近により、JR,京阪等 鉄道運休が

予定されているようですので

残念ながら

ペンギン工房は コミティア53参加を見合わせる

判断を致しました。

関西コミティア様はじめ、お客様各位には

ご迷惑をおかけしますが

どうぞご了承願います。

ちなみに新刊は 

 

オーパルアヴィGUIDEBOOK

 

と云う、フリーペーパーを持って行くはずでした。

A5サイズ24p

うう…折角無理して作ったのに

台風の馬鹿。

どうか皆様もご自愛を

九月になりました!

こんちわCHOKKOです。

8月も暑い暑い云ってる内に終わってしまい

今日から9月!え~?この間梅雨明けが早い!…

とか云ってたのにもう9月っすか!びっくり

 

■さくらもももこ先生 ご逝去

…びっくり。と云えばさくらももこ先生が亡くなられた(…ていた)

と云うニュース!

さくら先生と云えば云わずと知れた『ちびまる子ちゃん』ですが

あたしは特にファンでもないので

原作の方はいっぺんも読んだことがないです。

でもアニメの方は放送開始当初から良く見てましたね、

小さかった子供たちといっしょに夕食時の定番アニメでした。

確か、放送開始当初、さくら先生、三年間位なら脚本かけるけど

それ以上は無理…とどこかで仰ってるのを雑誌で読んだ記憶が

ありますが、確かに、初期の頃の方が内容もしっかりしていたし、

例のキートン山田氏(だっけ?)のそっけないナレーションにも

キレが有ったように思いますよね、でもさくら先生が脚本書かなく

なったあとでも三十年近く続く長寿番組になってるんだから

やはり、名作なんですね。

『現代の清少納言』と高校時代?先生に絶賛された

何気ない日常の中に物語を見出す才能と

ほんわかした、そして懐かしい

昭和の香りが魅力なんでしょう。

アニメの方はもう見ることないでしょうけど

エッセイ本のほうは見かけたらまた買ってみようかな。

しかし、まだまだお若いのに、残念なことです。

本当に惜しい逸材を無くしてしまいました。

なんか、また一つ昭和が消えて行った…って感じで

寂しいな。

そう云えば、西條秀樹さんのファンだった先生

天国で秀樹に会えたかなぁ…。

ご冥福をお祈りします。

 

■ネガティブリターン

さて、後で述べますが 今秋もコミティアが迫って来ました

…にも関わらず、新刊が…滞っててどうにもなりもはん。

『ネガティブリターン』ってご存知でしょうか?たぶん

ロケット打ち上げなんかで使われる用語で

『帰還可能高度(領域)』を示す言葉だと思うんですが

つまり、それ以上上がると、地上に戻れなくなる限界高度。

やめるなら、今。的な。

それにひっかけ、あたしは創作するとき、スケジュール決めるときに

ここで~まで出来てないと、新刊出来ないて日を設定するんですが

今回は8月末にそれを設定していました。

しかし、予定の10分の一も進んでない…とほほ

というわけで、こんかいも新刊無理そうです…すみません。

でも一応今回は完全停止ではなく作業続行はとりあえずして

コミティア関係なくゆるゆる制作を続行しますんで

ご勘弁を。

いつも完全停止しては滞ってるんで、今回は止めない。

しかしね、ホントにもう最近は

1.ページ数が増えてる

2.作画スピードが落ちている

3.無理が利かない

の三重苦で…ああアシスタントが欲しい(泣)

 

■CHOKKOは今夏何してた?

前年の10月も落として、この5月も落として

お前なにしてんだ。という御声も多かろうと思うのですが

そうですね、あたし何してたのかな?

前回琵琶湖博物館行った後、

1.会社から勤務態度是正勧告を受けた

(ショックと不安で精神状態がよろしくないです)

2.自宅の階段から落ちて、腕を擦りむいた

3.地元の地蔵盆の手伝いに出た

その他、家のことやら、親の世話やら 体調不良やら

会社の提案資料の為の準備やら、車の物損やら

…なんかいろいろ…。

なんかね~時間かいくぐって制作にあててますが、

遅々として進まない…。

やっぱ年かなぁ。

メインコンテンツはもう少し下だよ↓

 

コミティア参加決定

そんな中コミティア参加だけは決定

J-34

で参加します。

先述のように新刊は望み薄。 でもなんもないのも考えものなので

なんか簡単に出来そうなもの作って(ペーパーか本かは未定)

持って行けたらなと思っています。

内容は一応考えてるけど秘密ということで。

また、動きがあればご報告します。

 

 

琵琶湖博物館へ行って来ました

CHOKKOです、こんちわ

いやはや、まだまだ暑いですが、一時の

殺人的猛暑の頃より、すこ~し涼しくなって

来た感じですが、皆様如何お過ごしですか?

■お盆休みも終わって

お盆休み…でしたね~終わっちゃいましたが、

皆様どこかお行きになりましたでしょうか?

ゆっくり出来ましたか?

あたしは、相変わらずどっこも行かず

お墓参りばっかしてました。

後は、ひたすら漫画描き…(泣)

ニュース見てると、みなさんあちこち旅行いかれてるようですが

あたしは、旅行大好きなんだけど、

実行力がないので、いつもいきたいな~と思ってるだけで

休みが終わってしまう…

後、漫画なんぞやってるともうねぇwww

あ~あ たまにゃ旅行に行きたいな

琵琶湖博物館

でも、そんななかでも、行ったと云えば

県立琵琶湖博物館!地元の博物館ですが~

結構面白いんですよ、琵琶湖博物館

開館当時は、見て触って、遊べる博物館 として

結構人出が有りました。

今も人多いですがね。

うちも子供たちが小さい頃はよく遊びに連れて行きました。

展示物がね、見るだけじゃなくて、触って、遊べて、

そして、思いのほか規模が大きい!

■琵琶博第二期リニューアル

さて、そんな琵琶湖博物館も時代に合わせて

順次リニューアル中

第一期リニューアルのとき、見に行ったんですが

平成28年だったので、もう二年前なのかぁ

で、今回は息子っちのリクエストもあって

二年ぶりに琵琶湖博物館へ行って来ました

f:id:CHOKKO:20180820200825j:plain

C展示室『湖のいまと私たち』のところで

かめさん発見!

f:id:CHOKKO:20180820201226j:plain

かわいいですね~でもこのかめさん達、なんか

めっさ落ち着きがなくて、水槽の中をぐるんぐるん

動き回ってて、人見ては首をのばし、他のかめに乗り

ちっともじっとしてないんすよね。

かめてこんな動くもんだったかなぁ。

f:id:CHOKKO:20180820201553j:plain

息子っちは滋賀に生息する鳥たちの標本に興味津津

イヌワシとか鷺とかの標本いっぱい写真とってました。

これは『川鵜の重さを体験しよう』コーナーで

鵜のリアルなぬいぐるみを持ってるところ。

けっこう重かったそうな。

f:id:CHOKKO:20180820202109j:plain

琵琶湖博物館って博物館といいつつ

けっこうな水族館もあるんですよね、淡水魚(湖魚)が

中心だから色目は地味だけど、御覧のアユや鮒いさざ、

琵琶湖オオナマズとか、琵琶湖の在来種にいっぱい

会えるんですよ。

水鳥や、かえるさんやザリガニもいて

流れる水が涼やかで、夏は水族館いいですね!

f:id:CHOKKO:20180820202545j:plain

このこはバイカルアザラシ

二年前のリニューアルの時に博物館にやってきたんですが

う~ん?こんな丸かったっけ?ww

も少しシュッとしていた気がするけど

水槽狭いからね~運動不足なのかな?

でも元気そうで何より何より…。

■まだまだリニューアル

琵琶湖博物館、まだまだ変わって行きます。

この秋には散策路の様な回廊が湖側の外に出来るようだし

二年後には琵琶湖のおいたちと、人と琵琶湖の歴史パートの

展示室もリニューアル完成

最初から面白い博物館でしたけど、説明板が大きなタブレット

みたいなのになってたり、ますますこれからが楽しみ。

大人も子供も、触れて遊べる楽しい博物館。

地方の博物館でしょ?どーせ滋賀だし大したことないでしょ?

なんて思ってると、意外に広くて奥深くて、本格的で

時間が足りなくなったりしますよん。

楽しめる事請け合いです琵琶湖博物館

特に滋賀県民は第三日曜日狙い目ですぞ

そう、県民特権発動で、なんと入場料無料!

(普通の日も駐車場代は実質サービスと云う太っ腹)

さ~みんなでいこまいか、琵琶湖博物館